効果的なPOPについて考えてみよう!

どのようにしてPOPを作っていくのか

店頭での販売促進にPOPの存在は欠かせません。
POP広告とは「point_of_purchase_advertising」の略で、POPには「店頭」という意味が込められています。
最大の目的は、使用する場の雰囲気を壊さずに商品や店舗の特徴を上手に伝えて、それらの価値をさらに引き上げていくことにあると言えるでしょう。
POPに書かれていることを見て購入を決断したり、お店選びをするという場合もあるからです。

しかし、すべての商品やサービスについて説明を添えるということは得策ではありません。
POPにはお客さんの購買行動を促進する効力がありますが、一歩間違えると店舗全体の雰囲気を壊すことになり、逆効果となることが考えられます。

では、そうならないようにする為にはどうすればよいのでしょうか?
販売を担当するスタッフも仕事を終えればひとりのお客さんとなる訳ですから、利用する側の気持ちは想像に難くないはずです。
自分が見た時に不快な印象を受けることはないか、POPに込められたスタッフの愛情を感じることができるかどうかで、相手に伝わりやすいメッセージであるか否かが決まってくるのです。

たかがPOPという人もいるかもしれませんが、されどPOPなのです。
その存在がお店全体の雰囲気を左右することになるので、疎かにしてはいけない作業と言えそうです。
人の心をつかむようなPOPはどのようにして作られていくのか、そしてどのような点に注意すればいいのかについて紹介していきたいと思います。

POPを効果的に利用して集客率upを目指そう!

売り場の商品を効果的に演出するための方法としてPOPが利用されているのですが、ただやみくもにPOPを並べてみても店頭が乱雑になるだけで効果を得ることはできません。 お客さんの購買意欲をそそるようなPOPとは、どのようにして作られているのか見ていきたいと思います。

お店が一番知ってほしいことは何なのか

何でもかんでも、手当たり次第に紹介していくことが得策ではないことは既にお話ししました。 POPを作る前に、その内容についてじっくりと考えてみる必要がありそうです。 まずはお客さんに伝えたいことをランキング形式で書きだしてみてはいかがでしょうか? その内容を上手に伝えるための方法について考えていきましょう。

スタッフから伝わる雰囲気を大切にする

POPでアピールすることと同時に大切になってくるのが、そこで働いているスタッフから伝わる店舗の雰囲気ではないでしょうか? スタッフたちの生き生きとした姿は、また来てみたいという意欲を向上させることにつながります。 そのためには、やりがいを持って仕事ができるような環境作りが重要になってくるのです。