効果的なPOPについて考えてみよう!

POPを効果的に利用して集客率upを目指そう!

誰に見せたいのか考える

まず、POPを見てほしい相手が大人なのか子どもなのか、男性なのか女性なのか、またはファミリー向けなのかということ忘れてはいけません。

その中でも、初めて立ち寄ってくれたような相手なら「イチ押し商品」をお勧めすることが効果的かもしれませんし、リピーターを対象とするなら普段よりも低価格で購入できるような「お買い得商品」をお勧めすると喜ばれるというように、対象とする相手によって必要な情報は変わってくるのです。

子ども用品を扱うお店なら、おまけが付いていることをアピールしているようなPOPが注目を集めるかもしれません。
学生たちの多い飲食店なら料理のボリュームが売りになるでしょうし、OLの多い街ならオシャレなランチがあることをアピールするといいでしょう。

具体的なPOPの作り方

子供らしさや男っぽさ、洗練された感じやあたたかみのある感じなど、雰囲気に合ったPOPがお客さんの目に留まりやすく購買行動につながっていくと考えられます。
しかし、時間の流れと共に客層が変化していくこともありますから、その時々の動向をきちんと見極めてその都度POPも作り直していくといいでしょう。

たとえば子どもらしい雰囲気なら、丸みを帯びたような柔らかい印象の字体を使ってあたたかい手作り感を表現します。
それとは逆に都会的で洗練された感じを演出したいと思ったら、印刷会社に依頼してかっちりとしたものを作ってもらった方がいいでしょうし、男っぽくて荒々しい感じを出したいなら太筆で書きなぐったような字体が印象的かもしれませんね。
どのような字体や雰囲気であったとしても内容がわかりづらくなってはいけませんから、見やすいことを前提に作るようにしましょう。