効果的なPOPについて考えてみよう!

お店が一番知ってほしいことは何なのか

こだわりをアピールするための方法

アピールしたい内容が決まったら、それをどのように表現していくかを考えます。
量や回数など具体的な数字を盛り込むことでインパクトを強めることができますし、オノマトペや比喩表現を使えば商品価値や店舗のイメージをグンと膨らませることができるのです。

さらには聞かなければ分かり得ないようなこだわりについてお知らせすれば付加価値を上げることができるでしょう。
食べ物であるなら産地や生産者の具体的な情報やこだわり、その他のものならセールスポイントや変わった利用方法などについて説明すると効果的です。

それぞれの客層に合った旬なフレーズを文字ってみるのも、インパクトを与えることができ注目を集めることにつながりそうです。
「~限定」などの希少価値をうたう言葉も、上手に盛り込んでいけば購買意欲をそそることができるかもしれません。

知りたいけど聞きづらいアレコレ

商品のことやサービスについて、知りたいけど改めては聞きづらくて諦めてしまったという経験はありませんか?
ちょうどスタッフの手が空いている時なら抵抗なく聞けるのかもしれませんが、忙しそうな姿を目の当たりにすると憚られることもありますよね。

そのような、ちょっと気になる情報がPOPによって書き添えられていたら、安心して足を踏み入れることができると思います。
たとえば「無料でお試しができる」とか「国産の食材だけを利用している」というような言葉で安心できるという人は多いようです。

このようなことを聞くのは失礼かな?と感じられるような気になるポイントについて自主的に説明してあげることは、お客さんにとって優しい気遣いとなり好印象を与えることができるかもしれません。